お問い合わせ

お家の修繕

お家の修繕

台風や豪雨によって、家の屋根の修理や風水被害などお困りではないですか?

当社ならすぐにお伺いで
見積り、応急処置、工事が可能!!

ウィルトラストでは、外壁塗装や屋根修理も承ります。

このようなお悩みはございませんか


古い家だから雨漏りが心配・・・。
台風や強風、ゲリラ豪雨などで屋根が心配
屋根材に苔、藻などの変色がある。
ブルーシート屋根のまま放置されている方。
訪問販売業者に屋根や外壁塗装の修理を迫られた。
画像クリックで拡大

ウィルトラストの外壁塗装が選ばれる理由

適正な価格での工事を実現
POINT.1

適正な価格での工事を実現

お客様のご予算に合わせて、しっかりとした下地、塗装にこだわり、長く維持できる塗装を一番に考えています。
的確な塗装工事を提案できます
POINT.2

的確な塗装工事をご提案

外壁・屋根などの現状を念入りに調査して、的確な塗装工事をご提案させていただきます。
必要ではない工事や、しつこい営業は致しません
POINT.3

必要ではない工事や、
しつこい営業は致しません

当たり前のことですが、必要のない工事を提案したり、不安を煽って契約を結んだり、 しつこい営業などは致しません。適切なアドバイスをさせて頂き、それを理解し納得された上でご契約いただきます。

火災保険で修繕工事ができるわけ

通常、火災保険は火事になった時しか使えないと思われておりますが
火災保険の多くは自然災害により家屋に被害が生じた場合や給水管の
破損による水漏れ等も保険適用となる場合がございます。

台風、突風、落雷、雪害、水害、水漏れが原因で
以下のようなトラブルが発生した場合

台風、突風、落雷、雪害、水害、水漏れが原因で以下のようなトラブルが発生した場合


車庫、物置の屋根の凹み
サンルーム、風除室の破損
外壁、窓枠の凹み
屋根、雨樋の破損
換気口の破損
給排水管の水漏れ
浴室、台所廻りの水漏れ
火災保険が適用される箇所は他にも多数あります。

ウィルトラストは災害補償リフォームの実績があります!
お家の修繕、保険適用についてお気軽にご相談ください!

火災保険災害申請及びサポートの流れ

①調査依頼のお申込み
(無料!お電話にてご相談承ります)
②現地調査
(無料!診断書を作成し分かりやすくご報告)
③保険会社(または代理店)へ被害報告
④申請書類作成保険の申請
(申請に関するサポートはすべて無料)
⑤保険会社の調査・査定
⑥お客様へ保険会社より
 災害保険金の振込
 ⇓
⑦契約
⑧保険適用工事
※修繕工事は、保険会社の審査・査定後に取り掛かります

豊富な塗料の知識

ひび割れが起きやすい外壁には、ひび割れに強い塗料を、汚れやすい外壁には、汚れに強い塗料を。
どの塗料にも、適材適所の使い方があり、それを見極めるのが私たち職人の仕事です。

また、塗料はそれぞれ扱い方が異なるため、メーカーの規定を守らずに薄めすぎたり、乾燥時間を守らなければ、ひびやカビ汚れの原因になります。
正しい知識を持っているからこそ、建物に合った塗料・塗り方をお届けできます。

木部・鉄部などのパーツ每の塗料の選別

外壁や屋根には、破風や水切り、幕板など様々な付帯部分があります。
そういった細かなパーツ部分も、建物を守るためには欠かせない要素。

ウィルトラストでは、そういったパーツ部分に関しても、素材に合わせて最適な塗装を実施。
建物全体をしっかりと保護し、その寿命を延ばします。

外壁塗装 施工事例

ウィルトラストの屋根塗装

屋根は外壁よりも傷みやすいってご存じですか?

直射日光や雨・風を直接浴びる屋根は、外壁以上に劣化が早いと言われています。

外壁なら10年以上効果が持続するシリコン塗料も、屋根だとせいぜい7~8年しか持ちません。
そのくらい屋根の劣化は早いのです。

しかし、屋根がどれくらい傷んでいるかを、普段からご自身では確認することはとても難しいと思います。

当社は屋根や外壁の点検、及びメンテナンスも行っております!
前回の屋根の塗り替えから10年以上経過している場合は、点検のご依頼をご検討ください。

外装向きの機能性豊富な塗料

塗料選びは、塗装を成功させるための重要なポイント!

金額が高い塗料ならいいというわけではなく、大事なのは建物に台っているかどうかです。
最近では断熱・遮熱などの、機能性を兼ね備えた塗料が各メーカーから出ています。
塗装する箇所や周辺の環境、お客様のご要望に合わせた塗料のご提案をいたします。

•断熱塗料
太陽光からの熱源を塗膜に溜め込む、断熱材の機能を持った塗料。
屋根や外壁に塗ることで、夏場の直射日光による室内温度上昇を抑制する効果が見込めます。

•遮熱塗料
太陽の近赤外線を反射することで、塗装自体の色あせを防ぐと共に室内の温度上昇を抑制します。

•低汚染型塗料
親水性のある塗料を使うことで、塗膜面に雨水が膜を形成、汚れが付着するのを防ぎます。外壁や屋根などの外装に使われることが多く、汚れを目立ちにくくします。

•光触媒塗料
光触媒塗料は、次世代塗料として登場した最新の塗料で太陽の光で汚れを分解・浮かせて落とします。 この技術はタイルメーカーである「TOTO」が開発したもので、この技術は「ハイドロテクト」と呼ばれています。

•結露防止塗料
吸水性・断熱性を持つ塗膜を形成することで、結露の発生を防止します。

屋根塗装 施工事例

よくあるご質問

火災保険適用について

保険請求をしたら翌年以降、保険料が引き上げられませんか?
何度保険申請をしても保険料は引き上げられません。※保険商品の値上げを除く
昨年の台風被害の保険請求を忘れていました。これから請求可能ですか?
保険請求の時効は、事故日から3年となります。
    但し、請求期限内でも報告が遅れると経年劣化と見なされ請求が難しくなる事があります。
見積もりをお願いしたいのですが、費用はかかりますか?
無料で承っております。是非他社様と比較しご検討下さいませ。
劣化診断だけでも可能ですか?
可能です。修繕工事を決める前には必ず診断をされることをおすすめいたします。
見積もりを取ったら必ず依頼しなくてはなりませんか?
いいえ、その必要はございません。

補修工事のトラブルにご用心!

△caution
※大きな災害が発生した時は、屋根職人さんの手が足らなくなります。手抜き工事、追加費用を求めるなど悪質業者も横行していますのでご用心ください!


● 申込時に手数料等に関する説明がない。

● 保険金が少なくすぐに工事を依頼できないと伝えたら違約金を請求された。

● 調査無料を語っているが、実際には請求が発生した。

● 応急処置だけをしてお金を稼ごうとする業者もいます。
修理・修繕が火災保険の適用範囲かどうかお住まいの無料調査を承ります。お気軽にお電話ください。
受付時間 9:00-21:00
ネットからのご相談は24時間受付中


不動産事業のお問い合わせはこちら ≫

お電話でのお問い合わせ

Tel.06-6155-8777
営業時間 9:00~21:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ、ご質問・ご相談等、メールでのお問い合わせの際は、
以下のフォームに必要事項をご入力の上、送信ボタンをクリックしてください。

また、お急ぎの場合は、直接お電話をお願いいたします。

※お客さまからいただいたメールアドレスが違っている場合や、システム障害などによりお返事できない場合がございます。3~4日経っても返答のない場合、恐れ入りますがお電話でその旨を問い合わせください。
お名前
電話番号
お問い合わせ項目
お問い合わせ内容

個人情報の取扱いについては、プライバシーポリシーをご覧下さい

外壁塗装について

外壁塗装/屋根塗装 関連記事

ご相談/ご依頼

リフォームにお困りなら、株式会社ウィルトラストにお気軽にご相談ください。

※は必須項目